三重では私はまだセフレに嫉妬しています

しかし、私はまだ嫉妬しています。
物理的なもののために。

私が三重ではない(下品ではない)ことを認めた場合。
ねえ(笑)自然に微笑んだ。

ああ、気づいたときは、もうやった後。
それはもうそこになかったものではありません。
今待ってください。相手の答え。
そして私が答えを聞いたとき。きちんとお辞儀をしましょう。

ちなみに、これまでの話は恋愛ではなく仕事(人生)です。
それは将来のロマンスと関係の重要なターニングポイントになると確信しています。

キンタの大冒険」

三重を見ただけで出てきました。 、

知らない人は結構多いです。

飲み会後の二次カラオケで間違いなく歌われました。 ←白風です。

つボイノリオ
ローカルですか?

うーん。
下品ですか?多分それは感覚と言葉遊びの天才です!おもう。

他の曲も。
あなたは知る三重はありません。 』\

知らないこともあると思いますが、知らなくてもいいこともあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です