三重のセフレに何かを与えるつもりだった

三重のセフレは結婚記念日にお互いに何かを与えるつもりだった。

三重のセフレの妻は金髪の髪をかつらの店に売っていました。そのお金のために夫の懐中時計に鎖がないので、私は鎖を買いました。

私の夫は懐中時計を販売し、私の妻のプライド・ヘアには

三重でセフレ

私は髪の装飾品を買った。

お互いに交換し、
三重のセフレはバッグを開けた。

お互いに役に立たない贈り物になりました。

しかし、それは最も楽しい結婚記念日でした。

それは本当に心からの贈り物だったからです。

そんなこと、

仏教では、それは捧げ物と呼ばれています。

私は自分の心に共鳴する言葉もオファーに入ると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です