神田で出会いがあり一緒に夢を見た

その後、2代目が北海道内陸に移動しました

私の4代目神田で出会い

私は食べていない顔を費やしている幸せな第4世代です


とんでもない、神田で出会い
私は墓が落ちることを夢にも思わなかった

まず、神田で出会いは
自然災害からは遠いと思って一緒に行ったからです

何が起こるかわからない

墓地まで車で2時間
私は午前7時30分に家を出ました…

 

私はそこで私を助けてくれた人々と出会いました

私を助けてくれるのは親戚の会社の社員です
彼らはコンクリート製品の専門家だから

ツールは彼らに任せる

私は25年前まで土木技術者でもありました
少し知識があります

家の墓は古い墓だから…神田で出会い
モダンな大理石ではなく花崗岩なので軽かった

それでも人間の手で持ち上げることはできません
長い三脚はしご
チェーンブロックで2つの角のコーナーを持ち上げた

私も含めて6人いたので余裕があります神田で出会い!

計画を含めて1時間もかからなかった

私はまた近くの別の墓を修理しました
困っている墓所有者

モダンな新しい墓…美しい大理石の墓石

大理石は滑りやすいロープで重さが滑りやすい
複雑な構造に加えて…
私は一度組み立てると収まることができないことに気づきました

墓の所有者も詳細に知らないので…仕方がない

もう一度、逆アセンブルした…どういうわけか落ち着いた

神田で出会いだからこそ私は二つの墓を復元しました。

地震で被害を受けた人がいれば
賢い人がいれば
あなたは墓石屋を待つことなくそれを復元することができます

なかでも、北海道は冬に雪が降ります
その前に何かしなければならない

素晴らしい日でした

だから…ちょっと心配して目が覚めた
これから息子に引き継ぎます。
私の息子はサラリーマンです…私は墓を守ることができますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です