何度も生活を考えた神田の出会い

“ありがとうございました”

神田の出会い前記

私は何度も行きました

私は私の顔を見に行った、私は私の名前を言うことができた、私は助けた神田の出会い

…その8年後、私はまだ私の家に戻ることはできません。私は私の住所を避難所、生活、生活する人々に移しています…

神田の出会い…慣れた…痛くない…

 

 

阪神大震災でも引っ越しました

卓上ストーブが配達されました

作業間4tトラック満載の卓上ストーブとシリンダーを送りました

ボランティアとの卸売

やっぱりみんな

“ありがとうございました”

なに…

私は悲しいですが悲しいですが心配です

“ありがとうございました”

神田の出会いなに…

…それから8年

神田の出会い
そして、大きなショッピングモールのレンガの歩道は、たとえ地元の地域が完全に修復されていなくても、まだ修復されていません。

もちろん、被害を受けていない範囲で被害を受けているので、家や風景はたくさんあります。

私は人気のある言葉で終わらないようにしたいのですが…

神田の出会い
「がんばって東北」
その時、私は人々に伝えたいことを伝え、私に伝えたいことを伝えます。私の場合は、アスナロのワークショップ、トレーニング施設に行きますので、ユーザーと話をして仲良くなります。スタッフに相談し、アドバイスを求めます。健康診断時に、自分の体調や生活に支障を感じているという気持ちを伝えたい場合は、一言で印刷することで印刷できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です