三重のセフレの言葉遣いが好きではありません

働く三重のセフレはよく合う、
私はまた言葉遣いが好きではありません、
私は本当にそれが好き。

三重のセフレやだ!
また覚えている(/ _;)

「仕事の扉を開くまで」
どこかで戦いに行くような気分
三重でセフレ

どういうわけかわからない。
責任感、プレッシャー、そして善良な人々そして私自身…

仕事をする途中の車の音楽が通勤すると流れる、
私の心はとても窮屈なので仕事に行けません。

それでも
ドアを開けると違います。

私はもう快適になりたいです。
「やめて…」
ここに…

しかし、三重のセフレができることは
たくさんありました。
誰にも
私はそれが戦いだと思います! !

ここからしか言えません
落ち込んでいるんだ …
元気で。
がんばろう。
「あの男はいなくなった」
もう大丈夫です、
寂しくない
あなたが言うことができるように
強くなりたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です