セフレは三重では2人しかいませんでした

セフレは南堂から心斎橋に向かって歩いて軽食を食べることができるコーヒーショップに行きました。
セフレたちはかなり午後を過ごしていたので、私たちは店内で2人しかいませんでした。
夏の大学野球は、ラックの高い位置に設置されたテレビで放送された。
すべての選手は黒で日焼けしていたが、太陽には全く負けていなかった。

三重でセフレ

「すばらしいセフレ…しばしば日差しじゃない?」

“ハハ、何ができないの?”

「私が学生だったとき、私は空手の手のひらをやっていました。屋内スポーツとか、初めから不可能でした」

それ以来、熱中症が使われるようになったのはわかりませんが、その時、私は一様に日射病であると言われました。

食事が終わっても冷蔵庫のよく知られた店を出るのをためらったのはとても暑い日でした。

“まあ、戻って”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です